アトピー改善、砂糖のスキンケア用品

アトピーはアレルギー反応と関連があるもののうち、皮膚の炎症を伴うもので、ひどい痒みや赤みといった症状が出る過敏症の一種です。子どもから大人までアトピーに悩まされている方は少なくありません。数々の治療法が試されている中で、今注目されている治療方法の一つが砂糖を原料にしたスキンケア用品です。砂糖を原料にしたスキンケア用品は、肌にとても優しく、ただでさえかゆくて掻いてしまい肌が傷んでいるところに薬品の刺激でさらに痛みを加えてしまうということを避けることが可能になります。砂糖を原料にすることによって保湿効果をかなり高めることができます。

簡単に言うと、砂糖と油を混ぜたものですが、天然由来の成分なだけに安全性が高いのも魅力の一つです。砂糖といってもいろいろな種類がありますが、ミネラル豊富な黒砂糖やきび砂糖などを原料にしているものがとりわけ高い効果が期待できます。こうした砂糖と、ホホバオイルを1:2の割合で配合すると、簡単に自分で作れてしまいます。油の配分を少なくすると、ボディソープ代わりにも使用することができ、全身のアトピーの疾患に悩まされている方にとっても使いやすいボディソープとなるでしょう。また、さらに保湿効果と殺菌効果を高めるために蜂蜜を少量加えることもできます。多少のべたつきはあるかもしれませんが、清潔なガーゼで軽くふき取ることで、通常の洗顔せっけんやボディソープよりも高い保湿性を見込むことができ、それだけ肌の潤いが保たれてあらゆる疾患を防ぐことが期待できるのです。