乾燥が大敵

砂糖を原料にしたスキンケア用品は肌への刺激もなく、保湿機能も非常に高いことからアトピー以外の方たちにも多くの支持を得ています。アトピーは単なる乾燥肌ではなく、いろいろな原因が絡まりあっているものですが、基本的に皮膚に疾患が出てしまう原因の大きな要素になるのは肌の乾燥です。アトピー性皮膚炎の場合、正常な肌の水分吸収率の半分くらいしか吸収できないため、より保湿には気を遣わなければ症状が改善されるということはないでしょう。スキンケア用品で肌を外側からケアすることに加えて、体を温めるものを意識して食べることなど、内外からのトータルケアが必要となります。

砂糖を利用したアトピー向けスキンケア用品を試す場合でも、その効果には個人差がありますし、何らかの成分が刺激物となってしまうということもあるかもしれません。試す時には少しずつ、特に害がないことを確認したうえで、広い面積で使用したほうが良いといえるでしょう。砂糖にも種類がありますので、自分お肌質に逢う砂糖がどれかを試すことも必要ですし、オイルとの相性も考えないといけません。そのように自分なりにいろいろと簡単に試していけるのも簡単に自作できる砂糖を原料としたスキンケア用品の一つの魅力でしょう。

アトピーの原因とは

アトピーの原因となるものは多数考えられますが、生活習慣や生活環境の変化によって体質が変化することなどが考えられています。一つの原因となりやすいのは、ダニやカビです。ハウスダストの中にはダニがたくさん潜んでいますので、アトピーの原因となりかねません。カビはだれの皮膚にも存在するマラセチアという菌のことを指します。かゆみやふけの原因となりますので、体を清潔に保つこともアトピーを軽減させたり、アレルギー反応を軽減させたりするうえでは大切な要素になってくるでしょう。

また、挙げられる別の要因として食べ物によるアレルギー反応の可能性も考えられますが、主に子供のころに多く、大人の場合は消化器系が発達しているので食べ物が原因となることは少ないとも考えられています。また、皮膚に疾患が出るということは皮膚のバリア機能が低下しているということですので、皮膚を刺激しないように注意することが必要です。石鹸や洗剤などに含まれる化学成分が刺激物となってしまいますので、砂糖を原料にしたスキンケア用品はそうした刺激を防ぐことができるのです。また、砂糖と油による優しい香りが気分をリラックスさせ、ストレスによる症状の悪化を和らげる効果も期待できます。

アトピー改善、砂糖のスキンケア用品

アトピーはアレルギー反応と関連があるもののうち、皮膚の炎症を伴うもので、ひどい痒みや赤みといった症状が出る過敏症の一種です。子どもから大人までアトピーに悩まされている方は少なくありません。数々の治療法が試されている中で、今注目されている治療方法の一つが砂糖を原料にしたスキンケア用品です。砂糖を原料にしたスキンケア用品は、肌にとても優しく、ただでさえかゆくて掻いてしまい肌が傷んでいるところに薬品の刺激でさらに痛みを加えてしまうということを避けることが可能になります。砂糖を原料にすることによって保湿効果をかなり高めることができます。

簡単に言うと、砂糖と油を混ぜたものですが、天然由来の成分なだけに安全性が高いのも魅力の一つです。砂糖といってもいろいろな種類がありますが、ミネラル豊富な黒砂糖やきび砂糖などを原料にしているものがとりわけ高い効果が期待できます。こうした砂糖と、ホホバオイルを1:2の割合で配合すると、簡単に自分で作れてしまいます。油の配分を少なくすると、ボディソープ代わりにも使用することができ、全身のアトピーの疾患に悩まされている方にとっても使いやすいボディソープとなるでしょう。また、さらに保湿効果と殺菌効果を高めるために蜂蜜を少量加えることもできます。多少のべたつきはあるかもしれませんが、清潔なガーゼで軽くふき取ることで、通常の洗顔せっけんやボディソープよりも高い保湿性を見込むことができ、それだけ肌の潤いが保たれてあらゆる疾患を防ぐことが期待できるのです。